Lucent  日々の光景

横浜 山手洋館のクリスマス その5

外交官の家を出ると、もうランチタイムということで一度元町まで戻り
ランチを食べた後に、ベーリックホールへ。

こちらは、、イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として、
アメリカ人建築家J.H.モーガンによって設計された600坪の敷地に
スパニッシュスタイルを基調とした洋館で、、現存する戦前の山手
外国人住宅の中では最大規模の建物です。
ここは、エストニアのクリスマスです。

ホールという名前からわかるように、一階には広いリビングがあり、
それがとても魅力的。
その隅に、大きなクリスマスツリー!
シルバーで統一された飾りが美しいです。
b0231705_19205110.jpg




ここで魅力的なのは、この大きく美しいデザインの窓。
この窓から溢れる光がまた美しい!!
b0231705_19222248.jpg




リビングの北側には、パームルームがあり、そこには白く美しい
ツリーがあり、おしゃれな窓とのコラボが素敵。
b0231705_19224014.jpg






大きなツリーに女の子が感激して!
b0231705_19254212.jpg




リビングのピアノの上には...
b0231705_19263090.jpg




暖炉の上のミニツリーとシックな灯かりとクリスマスツリーと!
b0231705_19275166.jpg




一階には、食堂もあります。
ここの長いテーブルにも、クリスマスのディスプレーが。
赤と緑を貴重に派手ではないけど華やかに。
気分を変えて、真上からのアングルで。
b0231705_19294622.jpg




暖炉には、やはり長い靴下が!
心和む場所って感じです。
b0231705_19311229.jpg




食堂のクリスマスツリーは、緑の葉に赤の飾りで統一。
b0231705_19322487.jpg




食卓の上のディスプレーをアップで!
b0231705_19324310.jpg



[PR]
by lucentx | 2011-12-25 21:50 | 洋館